しっかり染まる白髪染めヘアカラーは?

しっかり染まる白髪染めヘアカラーは?

白髪染めの前の状態白髪染めを美容院ではなく自分で染める場合、せっかくだから、しっかり染まって頭皮や髪にダメージの少ない無添加の製品を選びたいと思うのは当然です。

まして、先日、某有名化粧品メーカーの健康被害「白斑」問題のことを考えると、髪に良い成分と説明されても、新商品やよくわからない製品はすぐに使うのには、抵抗があります。

白髪染めトリートメントでしっかり染まる製品を探すコツ!

これからは、できるだけ、口コミなどもチェックして、
化粧品でも、成分がすべて表示されている安全なものを使うべきです!

  • すでに発売して1年以上経過しているものを選ぶ。
  • リピーターが多い、口コミが多い製品を選ぶ。
  • ヘアカラーは、染毛剤ではなく染毛料を選ぶ

染毛料の表示方法この3つのポイントを選んでいれば安心できる白髪染めヘアカラーを選べます。

特に、白髪染めは薬事法で決められた染毛剤と染毛料があります。製品名のところに表示されますが、染毛剤は、医薬部外品のヘアカラーで、アルカリ性が強く頭皮にダメージを与えるのです。

染毛料は、化粧品の分類になります。

染毛料には、すべての成分を表記する義務があるので、
劇薬に使う成分は入れることができないので、
色落ちはしやすいけど、体に安心なんです!

 デメリット・・髪の表面だけ染めるので、1週間前後で色落ちする。

 メリット・・健康を害すこともなく、敏感肌の人でも使える。

この中でも、しっかり染まる白髪染めで、
私がオススメする一番は、LpLp(ルプルプ)ヘアカラートリートメントです。

アルカリ度は、PH7から8で、弱アルカリ性です。
染毛料で、ガゴメ昆布のフコイダンを主な成分として使用しています。

すごいところが、免疫力が活性する効果もあるので、
薄毛が気になる人は、是非とも使いたいですね。

その次に、レフィーネヘッドスパと利尻昆布ヘアカラーがいいです。

ルプルプに比較すると「1回でしっかり染める」度は少し低いと思いました。

中性の白髪染めトリートメントでもしっかり染まる方法

以下の点を注意すれば、白髪染めトリートメントでしっかり染まります!
(実際に私はいま、レフィーネヘッドスパを愛用中

  • 染めおき時間を長くおく(最低20分)
  • 染料を塗ったら、タオルかぶりシャワーキャップかぶる
  • 1回目よりも2回目でさらに染まっていく
  • ハケを使って染料を塗り、コームで髪になじませる

こちらは、PH値は6から7です。
中性なので使うほどに髪の状態がよくなってきます。

レフィーネヘッドスパ白髪染めレビュー

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す