白髪染めトリートメントのメリットやデメリット

白髪染めトリートメントのデメリットは?

白髪染めトリートメントは天然素材で肌にも良く、髪のダメージも補修する効果があるのでメリットはかなり高いです。

緑に染まった白髪では、デメリットにはいったい何があるのでしょうか?

 ヘアカラーや美容院の白髪染めの効果と違い「白髪染めの持ちが悪い」という点です。白髪染めトリートメントは髪の表面部分を染めるマニキュアタイプの染め剤なので仕方がありません。

通常は1週間程度で色は落ちてしてしまうので、毎週白髪染めトリートメントを行う必要があります。面倒くさがりな人にとっては、白髪染めトリートメントでの白髪染めはおっくうに感じるかもしれません。

 あと、もう一点ですが、HC染料と混同して使うと化学反応髪の毛が緑に染まってしまうという変化が極たまにですが、あるようです。美容院のカラーや市販のヘアカラーにはほとんど入っている染料ですので、必ず2週間以上の間隔をあけてからHC染料を含むもの薬品で染めるようにしましょう。

ただし、美容院の白髪染めや市販のヘアカラーの成分は化学薬品が主なので、髪へのダメージは当然あるという覚悟が必要です。

特に市販のヘアカラーは、アルカリ性の染料と過酸化水素を混ぜ合わせた酸化染料です。

髪の表面にあるキューティクルを破壊して、髪に定着してるメラニン色素を分解し、染料を髪の内部に浸透させるという方法で発色させているので、ダメージ度はかなりのものになります。

髪に良い白髪染めトリートメントを選ぶか、それとも白髪染めで多少の傷みは覚悟できるか・・の問題になってきますね。

 白髪染めトリートメント豆知識

あわせて読みたい関連記事

コメントを残す