根元や生え際の白髪をリタッチするリタッチカラーの効果は?

このあいだ染めたばかりで、まだ、1週間たっていないのに、突然根元から白い毛を見つけてしまうことがありますよね?

生え際の白髪をカバーどうしても生え際からの白髪って目立つんですよ。だからこそ、根元にしっかり染料を塗り込んで染めないといけません。

でも、そのときの染め置き時間や体調などにもよって多少のばらつきありますので、これはあきらめてまた早めに染める計画をしましょう。

レフィーネリタッチカラーでも、こんなときに便利な白髪染めもあります。

レフィーネには2種類のリタッチ専用白髪染めクリームがあります。

新発売したほうのリタッチカバーのほうは、ブラシもついているし、しっかりと粘着力があり、従来のリタッチ用白髪染めよりも色が定着しやすいということで、すぐに購入してみました。

レフィーネリタッチカラーの使用後の失敗使ってみました!たしかにしっかりとカバーできますね^^y
これからは、朝に白髪を見つけてしまったは、これひと塗りでカバーできます。

・・・ただし、よく見てください。自分でこれで塗ると前しか染まっていません。つまり後ろが見えないので、後ろの白髪もある!というときは、家族の誰かに見てもらって塗りなおしてもらいましょう!

また、染める効果は薄いので、あくまでも「今日だけ隠す」目的で使うのに適したリタッチカラーです。

安くて安心のカラートリートメントランキング

安くて安心の白髪用カラートリートメントランキング

白髪染め用カラートリートメントの特徴は、市販のヘアカラーや美容院のカラーリングよりも、頭皮や肌にやさしく髪を健康に!というのが一番の目的なので、安心なカラートリートメントには間違いないです。

でも、特に敏感で植物にも負けやすくて心配という人がいますよね。また、最近体質が変わってしまい、木綿の服以外は、すぐに肌が赤くなってしまう・・という人もいるはず。管理人はそこまで敏感ではなく、ラサーナ白髪染めヘアカラーは染毛剤の部類だけど、それでもキレイに白髪が染められましたし、薬品臭くなかったので安心しました。
⇒ラサーナ白髪染めヘアカラーの詳細

特に敏感肌アトピーぎみアレルギー肌の人でも、悩みなく使えそうな白髪染めのヘアカラートリートメントとして、おすすめできる3つの白髪染めをランキングで紹介しますので、参考に。(上から順番に敏感肌用で表示)

 肌が弱くても安心!利尻昆布利尻昆布ヘアカラーは敏感肌やアレルギーによいトリートメント

利尻昆布ヘアカラーはPH値は6で中性の白髪染めです。市販のヘアカラーは13もあるものがあるほどで、かなり天然もので頭皮に安心♪なので、肌が弱い・・人におすすめ!天然成分に頭皮に栄養を与える効果もあり。ただ、ルプルプなどより少し染まりにくいです。コツをしっかり追求して染めないと、全体は染まっても、生え際がイマイチ染まらない、ということになるので、しっかり染めるコツを実践してくださいね。コツさえ掴めばキレイに染まりますよ!

 頭皮スッキリできる白髪染め肌が弱い人でも使える白髪染めランキング

レフィーネヘッドスパは白髪染めしながら、ヘッドスパ効果があり、使うたびに健康な頭皮と髪を育てる働きがあります。天然染料はもちろん、カラーも4色揃えで、混ぜることもできるので、微妙な髪色に合わせて使うことも可能!リピーターが多く楽天でも常に人気が上位ランキング入りです。PH値はルプルプと利尻昆布の真ん中くらいなので、自分の肌の敏感度に合わせて使うといいでしょう。

 免疫力あがるフコイダン効果ありルプルプ白髪染めは敏感肌大丈夫か

LpLp(ルプルプ)は、初めて使う人で、まだ白髪染めトリートメントが使いなれていなくてもしっかり染まってしまいます。しかも、初めて購入する人は価格が安くてお得です!どうせ安物かな・・という効果ではなく、ルプルプのヘアカラーの効果はしっかりと染まる以外にも、フコイダンで免疫力をあげるなど期待できるものがあります。PH値は7~8ですが、天然成分と花の香りが気持ちいいですよ♪

もし、ご不明な点やわかりずらい点あれば、質問してください。わかる範囲でお答えします。