白髪染め剤選び総合評価

白髪染め剤選び総合評価

白髪のリタッチ美容院での白髪染めと市販のヘアカラーは、染めた後の持ちが約3週間から5週間程度持つのが一般的です。

しかし、白髪染めトリートメントは約1週間ほどの持ちです。
ここだけ問題なければ、あとはコストと髪へのダメージ度での比較だけですよね。

コストがかからないのは、断然!白髪染めトリートメントです。どの製品を選んでも、月に約1000円から2000円程度です。これは、美容院でのカラーリングに対して、約10分の1程度なのです。

髪へのダメージ度で比較すると、これも白髪染めトリートメントのほうが、完全に天然成分なので、安心です。美容院の白髪染めは薬品を使うので、市販のヘアカラーほどではありませんが、頭皮や髪へのダメージは避けられません。美容院のカラーは沢山の保護剤や保湿剤を使うので、なるべくダメージがないように染めていますが、実際使っているのは薬品がほとんどなので、人体への影響も全くないとはいえません。

現代の女性は忙しい人が多くいます。家事をこなし、仕事にも通い、せっかくの休日は美容院へ行くというのもちょっと考えものではないですか?

白髪染めトリートメントを使用すれば、1週間に1回の使用が必要ですが、どうせお風呂に入る
ついででできるので、そんなに無駄な時間もかかりません

美容院に行くお金が節約できて、プライベートな時間が増えるということで一石二鳥です。

 

 白髪染めトリートメント豆知識

白髪染めトリートメントの使いやすさ

白髪染めトリートメントの使いやすさはどうか?

ルプルプ白髪染めヘアカラーの効果美容院での白髪染めなら美容師に行ってもらうので、雑誌など読んでいるうちに終わり、特に何の煩わしさもありません。

ただ、美容院の予約や空き時間の拘束があるのでこれが負担です。

しかも、白髪染めをするのに、通常2時間程度は必要なので、シャンプーカットや往復の時間を考えると半日は時間の余裕が必要です。

市販のヘアカラーも白髪染めトリートメントも自宅で自分でできるし、値段は安いし、更に拘束される時間も不要♪ながら仕事でできるので、忙しい人にはとっても嬉しいです。

しかも、白髪染めトリートメントは、シャンプーの前か後に、白髪染めトリートメントを塗ってしばらく時間をおいて洗い流すだけです。ヘアカラーで染めるように手袋も必要ではありません。液だれも心配ありません。小さい子供さんがいる人でも安心ですね。

ここまでは、白髪染めトリートメントのいいところを言ってきましたが、デメリットも触れておきますね。

白髪染めトリートメントのデメリットと注意点

  • 白髪染めトリートメントの持ちはたったの1週間
  • HC染料が入った白髪染めを使う場合は必ず2週間は空ける

★毎週毛染めをするのって結構面倒くさいです。
★たとえば美容院でのカラーをする場合、頭皮に白髪染めトリートメントの染料が残っていると、混ざるので、化学反応により変色する場合があるので、2週間ほどは空けてからにしましょう。

 白髪染めトリートメント豆知識

白髪染めトリートメント価格比較

白髪染めトリートメントの価格比較

カラートリートメントの価格白髪染めトリートメントの価格は、どの製品もだいたい1本数千円程度で、2000円から3000円程度です。

1本だいたい200グラムの容量で約1ヶ月から2ヶ月程度使用できますので、月に換算しても約1500円です。

美容院での白髪染めをする場合は高いと1万円以上する場合もありますが、相場では安くても5000円以上します。

市販のヘアカラーだと割安で、千円を割るほどの製品もあります。

 安さで考えると、市販のヘアカラーがダントツですが、髪へのダメージ度を考えると、避けたいですね。

美容院での白髪染めなら髪へのダメージ度は多少緩むのですが、月に1度白髪染めに通うと毎月約一万円のコストです。これを高いと感じるか、安いと感じるかは人によりますね。

白髪染めトリートメントなら1ヶ月で約1500円のコストで、髪へのダメージはまったくありません

しかも美容院の予約も不要なので、とっても手軽ですね~。

 

 白髪染めトリートメント豆知識

ヘアカラートリートメントの効果は?白髪の染まり具合

白髪染めトリートメントで白髪は本当に染まるか?

白髪染めヘアカラーは染まるの?白髪染めトリートメントを初めて使うにあたり、>一番気になることが、この「ちゃんと染まるのか?」ということですね。

現在、白髪染めトリートメントは、沢山の種類が出ていますが、人気の白髪染めトリートメントで体験したところ、どれも本当によく染まりました。

ただ、全体染めとして利用した場合はそれほど気にならないのですが、目立った白髪や、特に、生え際の部分の白髪のハッキリしている白髪には、多少の染めムラが製品によってありました。

利尻昆布ヘアカラートリートメントと、ルプルプ白髪用トリートメント、この二つはたったの1回の白髪染めでちゃんと生え際の真っ白い部分もよく染まりました。レフィーネヘッドスパも良く染まったし、ダークブラウンを混ぜればほとんどよく染まります。

ほかの製品は、数回繰り返して使用し、しっかり染めていく白髪染めトリートメントだと感じました。回数を重ねて髪になじませて染まるのはいいけど、白髪が染まらないと染める意味がないので、やはり、おすすめの3つの白髪染めから選ぶのが一番失敗ないでしょう。

 白髪染めトリートメント豆知識

白髪染めでダメージ補修?傷んだ髪の修復!

傷んだ髪の修復はできる?

髪の痛みやダメージ一度傷んでしまった髪は、二度と修復できないのを知っていますか?剥がれ落ちた髪のキューティクルは、二度と戻りません。

ヘアカラーの白髪染めは、地肌にも薬剤が入りこんでしまうので、髪の成長にも悪影響があり、髪が細くなったり綿毛のような髪の毛になってしまいます。なるべくなら避けたいところですね。

白髪染めトリートメントは、実際に白髪染めの効果もありながら、ダメージ髪への補修力やつや出しにも効果があります。

失ったキューティクルを完全に元に戻すことは不可能ですが、実際の効果として、「髪につやが出るようになった」や「くし通りが良くなった」と使用後の感想や口コミとして多くあがっています。

 

 白髪染めトリートメント豆知識

白髪染めトリートメントのメリットやデメリット

白髪染めトリートメントのデメリットは?

白髪染めトリートメントは天然素材で肌にも良く、髪のダメージも補修する効果があるのでメリットはかなり高いです。

緑に染まった白髪では、デメリットにはいったい何があるのでしょうか?

 ヘアカラーや美容院の白髪染めの効果と違い「白髪染めの持ちが悪い」という点です。白髪染めトリートメントは髪の表面部分を染めるマニキュアタイプの染め剤なので仕方がありません。

通常は1週間程度で色は落ちてしてしまうので、毎週白髪染めトリートメントを行う必要があります。面倒くさがりな人にとっては、白髪染めトリートメントでの白髪染めはおっくうに感じるかもしれません。

 あと、もう一点ですが、HC染料と混同して使うと化学反応髪の毛が緑に染まってしまうという変化が極たまにですが、あるようです。美容院のカラーや市販のヘアカラーにはほとんど入っている染料ですので、必ず2週間以上の間隔をあけてからHC染料を含むもの薬品で染めるようにしましょう。

ただし、美容院の白髪染めや市販のヘアカラーの成分は化学薬品が主なので、髪へのダメージは当然あるという覚悟が必要です。

特に市販のヘアカラーは、アルカリ性の染料と過酸化水素を混ぜ合わせた酸化染料です。

髪の表面にあるキューティクルを破壊して、髪に定着してるメラニン色素を分解し、染料を髪の内部に浸透させるという方法で発色させているので、ダメージ度はかなりのものになります。

髪に良い白髪染めトリートメントを選ぶか、それとも白髪染めで多少の傷みは覚悟できるか・・の問題になってきますね。

 白髪染めトリートメント豆知識

敏感肌やダメージ髪でも安心!白髪染めトリートメント

敏感肌やダメージ髪に使える白髪染めトリートメント

白髪染めしたいけどできないアレルギー肌私の知人で、美容院で白髪染めをしてもらったはずなのに、失敗をされて1日に2回も繰り返し白髪染め剤を使われて、その時は良かったが、その数日後、髪にダメージがきているのがわかったそうです。

それ以来、美容院でも白髪染めができなくなり、ウィッグや帽子をかぶってごまかしていたのです。

でも、最近はこの白髪染めトリートメントを使用するようになり、帽子をかぶらなくても白髪が隠せるようになりとても助かっているということでした。

このように、髪にダメージがひどくて白髪染めができないという人にとっては、白髪染めトリートメントは救世主のような存在ですね。

実際、白髪染めトリートメントの成分は、天然素材ばかりで、昆布やベニバナ、クチナシなどの植物の天然染料を使用しているので、肌が極度に弱く、もともと敏感で白髪染めヘアカラーのような化学製品が使えない人にも適しています。

 白髪染めトリートメント豆知識

失敗しない白髪染めトリートメント選び

失敗しない白髪染めトリートメント選び

白髪染め用のヘアカラートリートメントが最近とても人気ですが、これはなぜでしょうか?

レフィーネ白髪染め効果染まり具合市販のヘアカラーや美容院で白髪を染めるのが定番ですが、これは髪へのダメージやお金がかかってしまう、など悩みやいろいろな負担があるからでしょう。

ヘアカラートリートメントが人気になっている理由に、無添加で髪へのダメージがないのに、手軽で値段も安い!のが理由でしょう。

そこで、初めて白髪染めトリートメントを買おうと思ったときに沢山の種類が出ていて、どれを使ったらいいのか迷ってしまいますよね。

白髪染めトリートメントを選ぶときは、次のポイントをチェックして選ぶと失敗がありません。

白髪染めトリートメントを選ぶポイント

  • 白髪染めトリートメントで白髪は本当に染まるか?
  • 白髪染めトリートメントの価格は?容量は?送料は?
  • 白髪染めトリートメントの使いやすさはどうか?

この3つのポイントの中でも一番大事なのは、白髪が本当に染まるか?です。
同じ白髪染めトリートメントでも、成分や効果が少しずつ違います。

しかし、口コミでも「ちゃんと染まった」という結果の沢山出ている商品を選ぶのがポイントです。

 白髪染めトリートメント豆知識

レフィーネヘッドスパカラートリートメントを評価しました!

ヘッドスパできる白髪染め・コスパ◎
レフィーネヘッドスパカラートリートメントの評判や口コミは?

refine.jpg
 白髪は染まる? しっかり染まった

 価格とコスパ? たっぷり300gでお得1本3,500円

 使いやすさは? カラー4色!自分仕様の髪色

1本3,500円 送料500円(5,000円以上購入は送料無料)です。

300グラムのたっぷり容量で、他の白髪用トリートメントの約1.5倍で、お得で使いやすいですね。
エコパックというのも人気を支えていますね、でも、2色以上買う人は、少し注意しましょう。レフィルにポンプスタンドをかぶせてしまうと、何色かわからなくなります。必ず表に油性マジックやシールを貼るなど目印をしておきましょう!

レフィーネヘッドスパ体験レビュー

特に、おすすめな点は、ヘッドスパ効果もあり、使ったあと気持ちよくなります。
全4色あり、混ぜて使用するのが他の白髪染めトリートメントにないオンリーワンの良さ♪茶髪の人の白髪染めには、最適です!

ドイツ生まれのスヴェンソンが開発した白髪染めで、成分にべリセア配合で毛髪ダメージの補修力高く、高麗ニンジンエキスや天然フルーツエキス配合で保湿力もアップしています。

refine_s.jpg